関係者各位(全文)

THANK YOU MASKプロジェクト(以下「本プロジェクト」といいます。)へのご支援、ご協力を賜りまして厚くお礼申し上げます。さて、私どもは、インターネット、SNS等で本プロジェクトが配布するマスクの性能、安全性への懸念、さらには本プロジェクトが詐欺なのではないかという情報が流れていることを確認いたしました。


まず初めに、ご寄付をいただきました支援者の皆様、支援要望をいただきました団体の方々、また、本プロジェクトにご協力をいただいている皆様にご心配をおかけいたしましたことを深くお詫びいたします。本プロジェクトは、未曾有の危機の中、コロナウイルスと戦う医療従事者、エッセンシャルワーカーへの感謝の輪を広げたいという理念のもとにスタートいたしました。マスクの購入にあてる費用を寄付で募っているため、活動情報の透明性を重んじ、寄付をお考えの皆様やマスクの受け取りをご希望される皆様が、マスクの性能や安全性、製造者情報、活動内容などの情報提供をご希望なさる場合には、私どもが保持しております情報を開示してまいりました。しかし、迅速にマスクをお届けしたいという思いからとはいえ、製造者及び認証等に関するトレーサビリティの確認が十分ではありませんでした。ここにお詫びいたします。インターネット上にて前述の情報が流れたのを確認し、2020年5月13日より対策委員会を立ち上げ、関係者にヒアリングを行い、本日5月15日までに確認できました内容につき以下のとおりご報告をさせていただきます。

1) 本プロジェクトの開始までの経緯について

本プロジェクトの母体であるhi Japan株式会社は、香港をベースとしてホテル向け通信事業を展開していたhi Inc.が中心となり2017年にシャープ株式会社とのジョイントベンチャーとして設立されました。香港という土地柄、中国企業との情報交換をする機会が多くあり、2020年4月にマスクを取り扱う業者よりhi Japan株式会社経営陣に対して日本で不足しているEN149:2001+A12009準拠のマスクを供給可能であるとの連絡がありました。同年2月から4月にかけてはマスクの価格が高騰し、また品薄状況が続いていたことから、マスクを無償で現場に寄付することに社会的意義があると考え、hi Japan株式会社は社会貢献として自社により2万枚のマスクの寄付を行うことを決定いたしました。購入するマスクの製造に関しては、珠海市恒生医疗科技有限公司(Zhuhai, HenSheng Medical Technology Ltd. 以下「恒生社」といいます。)とすることが業者より提示され、恒生社より製品の性能試験結果、認定書、ヨーロッパへの輸出の実績、サンプル品などの提示を受け、信用するに足りると考え購入を決断いたしました。
マスクの配布に際しましては、マスクを必要とする現場と支援者をインターネットでつなぐことにより、より多くのマスクを効率的に必要な方々に供給できるかもしれないと考え、2020年4月30日に無償ボランティアの運営によるTHANK YOU MASK運営事務局を設置し、同年5月5日よりHI株式会社が無償提供するマスク2万枚に加え、少額から受け付ける寄付の募集をインターネットで開始いたしました。この活動は、テレビ、SNSで拡散されることにより広がりを見せ、皆様のご協力の結果、同年5月15日午前11時現在合計66,740枚(8,655,153円相当)のマスクを無償提供できる状況となっています。

2)配布しているマスクの製造元、性能及び安全性について

本プロジェクト開始に先立ち、製造者の恒生社よりKN95及びサージカルマスクがEN149:2001+A12009、FFP2(サージカルマスクはFFP1)に適合しているとの宣誓書、それを裏付ける検査機関AS-GTCG社発行のテストレポート、欧米の認証機関であるECMの適合証明書の提供を受けました。また欧州の検査機関への納入実績があり、納入に際しては検査機関の独自の試験を合格していることも確認が取れておりました。これらの資料は透明性を確保するため、掲載が可能な書面はコピーを本プロジェクトのホームページに掲載し、要望があれば開示し、またテストレポートについてはダウンロードできるようにいたしました。本プロジェクト開始後、数名の寄付希望者の方から、昨今の中国製マスクに対する不信感があるので、性能・認証に関する情報を開示してほしいとの要望をいただきました。そのため、2020年5月11日、事務局は、恒生社より提示をされましたテスト結果を本プロジェクトホームページに掲載の上、どなたでもコピーをダウンロードできるようにいたしました。そうした中、同年5月12日、SNS上において、検査機関であるASーGTCGが公的機関からマスク性能を検証する組織として認定されておらず、恒生社製マスクの性能試験結果の信頼性についての懸念、製造者である恒生社が中国国家薬品監督管理局の生産者リストに掲載されておらず、医療用として認可を受けていないのではないか、また、複数の企業の名称が使われており証明書の整合性が取れていないなどのご指摘をいただきました。事務局は、これらの指摘を受け同年5月13日より対策委員会を立ち上げ各証明書を再度確認いたしましたところ、各種証明書の法人名などが恒生社だけではなく恒生社グループ企業のものが含まれていることを確認いたしました。そのため同年5月14日に、実際にマスクが製造されている工場の実地調査をいたしました。
その結果、該当製品のKN95は、珠海市緑城利実業有限会社(Zhuhai Greentown Huali Industrial Co., Ltd.  住所:珠海市香洲区華威路611号 以下「緑城社」といいます。)がOEM製造していることが判明いたしました。この事実に基づき、製品のトレーサビリティを明確にするため、本プロジェクトにおいて配布予定のKN95の製造者名を恒生社から緑城社へと変更いたしました。また、新たに本プロジェクトホームページ上において、緑城社の会社概要、製品情報、検査レポート並びに認証情報を開示いたしました。
他方、サージカルマスクについては引き続き調査中でございます。また、上記一連の経緯及び昨今の中国製マスクに対する不信感がある現状を踏まえまして、製造業社から提出されるテスト結果だけを製品の品質担保とすることはリスクがあること、また、製造者情報がグループ化により整合せずトレーサビリティを担保するには不十分であると判断いたしました。そこで、この度輸入する緑城社製造のマスクについて、hi Japan株式会社が責任を持って知名度がある信頼のおける日本もしくは欧米の第三者機関による性能試験を実施することといたしました。この検査結果については後日HP上で開示をいたします。

3)配布されるマスクの輸入について

2020年5月15日現在、KN95は、製造社名を緑城社に変更し、中国より日本に向けて出荷の手続きをとっております。
本プロジェクトで配布する製品は、中国のGB2626ー2006基準を満たしており、中国では医療現場で使用スペックを有しておりますが、通関後速やかにhi Japan株式会社において国際的に信用のある第三者機関によるEN149:2001+A12009の準拠性の確認を行った上で、EN149:2001+A12009適合マスクとして配布をする予定です。

4)今後の対応について

*KN95の製造者名表記を恒生社より緑城社に変更をいたします。また本プロジェクトホームページ上で製品スペック、製造者情報及び認証情報について開示いたします。サージカルマスクのトレーサビリティについては引き続き調査をいたします。
*新たに第三者機関による性能テストを行います。
   2020年5月15日に輸出予定であるマスクが日本に到着後、速やかに、新たに国際的に信用のある第三者認定機関による性能試験を実施します。第三者認定機関の選定及び性能試験の結果については本プロジェクトホームページ上において開示をいたします。
*性能試験の結果が出るまで緑城社製造のマスクは配布いたしません
*性能試験の結果がEN149:2001+A12009に満たさない場合、緑城社製造のマスクに代わってEN149:2001+A12009を満たしている他社の製品をhi Japan株式会社が責任を持って日本国内で調達いたします。新たな製品を選定した場合は、その製品の安全性、性能及び各種資料は本プロジェクトホームページ上において開示いたします。
*製造者及び製品の安全性などに疑念を持たれた方々より寄付の返金の要求がある場合には、いかなる理由においても support@masks.co.jp にて返金リクエストを受け付け、全額返金をいたします。

5)本日までに配布されたマスクの利用状況について

本プロジェクトにおいてサンプル提供を受けたKN95マスク100枚のうち80枚を都内のクリニック2施設に2020年5月9日に配布をいたしました。配布を受けた2施設においては、発熱した患者との接触がなかったためKN95マスクの使用はありませんでした。なお、上記施設には同年5月14日に状況を説明のうえ翌15日に全製品の回収を完了しています。また、正式な配布は、同年5月15日に出荷予定の製品が日本に到着してからを予定しておりましたので、上記2施設以外に配布をした施設はありません。該当マスクを利用したことによる健康被害は報告されておりません。

6)事務局、hi Japan株式会社、 製造者の関係について

THANK YOU MASK運営事務局は、有志の無償ボランティアによって運営されており、配布予定の2万枚のマスクを除いて、hi Japan株式会社、恒生社からの報酬、利益供与、金銭の授受はありません。またhi Japan株式会社は恒生社及びそのグループ企業との資本関係はありません。


2020年5月15日 

 

マスク製造社情報

-KN95 - Company Info

-KN95 - Factory